Qualtätsmanagement header

品質保証

品質に関する方針

PINK GmbH のマネジメントは、品質管理を重視し、この品質方針を企業方針の一環として¬実施しています。この方針を基盤に、お客様、スタッフ、サプライヤー、オーナーを対象とした、製品、そしてサービスのクオリティを保証する責任、および信念を、定義しています。品質に関する方針は、次のガイドラインにまとめられています:

  1. 実践に則した、革新的で堅牢な技術ソリューション、および不備のない製品を届けることで、お客様に満足していただくことが、私たちの目標であり、意志です。
  2. 社内の全レベル、領域のスタッフが、企業としての品質へのこだわりをしっかりと理解し、業務の範疇を超えて、高い品質を実現するように行動することが大切です。全ての社員は、継続的な改善に取り組む義務を有しています。
  3. 品質上の欠損は、可能な限り早期に特定し、迅速に対応します。また、コントロールプロセスの確立により、品質上の欠損を、事前に防ぎます。
  4. サプライヤーおよびパートナー企業との信頼関係、協力体制により、企業の枠を超え、一貫した品質基準を保証することができる、継続的で安定したビジネス関係の構築を目指します。
  5. 市場における品質基準への高い評価は、企業としての長期的な安定につながり、さらに、雇用の確保および経済的な成功をもたらすことになります。
  6. 資源(水、空気、原料、エネルギー)へ配慮し、節約を心がけることで、天然資源の不必要な使用を避け、使用量を削減します。
  7. 労働に携わる全スタッフの安全衛生、および事故防止に関する要求に、適切に対応するように努めます。労働安全管理に携わるスペシャリストが、安全衛生および事故防止におけるサポートを行います。
企業全体において、全てのスタッフが、品質方針の原則を把握していなくてはなりません。定期的なマネージメントレビューにおいて、継続的な点検および調整を行っていく必要があります。

品質管理システムに関する宣言

お客様との合意事項を実施し、全ての品質管理事項を計画、実施、監視するため、当社では、
DIN EN ISO 9001:2015
に準拠した品質管理システムを導入し、企業全体にて実施しています。当ガイドブック、および品質管理に関する事項を記載する文書(プロセス指示書)等、品質管理に関する文書は、当社全ての社員、スタッフを対象にしています。管理責任者は、品質管理システムが適切に守られていることを保証するため、定期的に品質管理システムの性能および必要な改善点について、報告する必要があります(例:社内監査等を参考に)。また、お客様のニーズに対応するため、企業としての意識の向上に取り組みます。これを実現するには、マネジメントおよび全てのスタッフのサポートが必要です。

これらの措置により、前述した当社の品質方針を実現する必要があります。品質方針は、品質に配慮し、お客様を第一に考えた、責任あるビジネスを行うためのガイドラインとして、機能することを意図しています。

「品質における目標が、未来のクオリティを決める鍵となる」
Josef Schmidt(ヨーゼフ・シュミット)